スズキパレットの実燃費は?

スズキパレットの実燃費は?

パレットはトール型軽ワゴンという新しい形の軽自動車です。
ライバル車はダイハツのタント

 

 

2008年に発売され、2012年の2月には一部改良されています。
改良によって、エンジン制御の見直しがされて、低燃費化されています。

 

 

気になる燃費ですが、カタログによると

 

JC08モード:20.8km/l
10・15モード:22.5km/l

 

と掲載されています。

 

 

最近は軽自動車もかなり低燃費化されていて、ミライースアルトエコなどは30km/lとなっているので、ちょっと燃費には魅力はないですね。

 

 

ライバル車のタントの燃費
JC08モード:24.8km/l
10.15モード:27.0km/l
ですので、燃費でも負けています。

 

 

さて、それでは実際の燃費はどのくらいなのか?

 

 

パレットに乗っている人のレポートを見ると

 

12〜13km/l

 

が平均のようです。

 

ま、普通ですね(笑)

 

 

燃費は運転技術や道路状況によって全然変わってきます。

 

どの車でもそうですが、街乗りは燃費が悪くなります。
パレットだと10km/lくらいになります。

 

それに対して高速道路では燃費が向上します。
パレットだと15km/l くらい行きます。

 

 

とはいえ、軽自動車では普通の燃費です。

 

 

パレットに燃費を求めるのはナンセンスですよ。

 

パレットは両側スライドドアで室内空間も広く、エンジン音も静かなどの魅力があります。

 

小さな子供がいる家族向けの軽自動車ですね。

 


損をしない軽自動車買い替え法


軽自動車に乗り換えれば維持費が安くなりますが、維持費にだけ目を奪われていると損をする可能性があります。
維持費だけではなく、購入価格、下取り価格などをしっかり検討して買い替えることが車の費用を節約するコツです!

もっとお得に軽自動車を買い替える方法とは?