軽自動車のメリット・デメリットってなんだろう?

軽自動車のメリットやデメリットをまとめてみた

軽自動車の売れ行きが相変わらず好調のようだが、なんといってもその理由の一つは経済性にあると思う。

 

自動車税に関しては軽自動車は7000円台であるのに対して、軽のカテゴリを超えた1000ccとかのサイズになると3万円台後半になってしまう。

 

当然車検の際も軽ならばユーザー車検で持ち込んだ場合軽なら3万円台後半で済むが、普通乗用車の場合は最低でも5万円台後半かかってしまう。

 

もちろんコレにプラスして自動車整備にかかる費用も大体最低2万円くらい以上はかかるので、6万と8万の差は2年に一回とはいえ大きい。

 

また、軽自動車の場合はタイヤサイズが小さいものが多いのでタイヤ交換の際の費用も驚くほど違う。
(おおよそ倍くらいだろう)

 

当然タイヤが大きくなれば接地抵抗が大きくなるので燃費も軽の場合20km/Lを超えるものが最近は多いけれども、普通自動車の場合は経済車と呼ばれるものでも大体15km/L以下のものが多いだろう。

 

年間走行距離が多くなるにつれてますます費用の差も大きくなるということだから、経済性を考えた場合軽を選ぶのは正しい選択と言えると思う。

 

 

ただそうしたメリットと相反してデメリットも当然存在する

 

長距離の移動の場合軽に乗っていると安定性がないので疲労感が倍増するように感じる。

 

また冬道の場合はパワーがないので、とにかく夏の3倍くらいは神経をすり減らすことになる。

 

私も自家用車は軽自動車に乗っているのだが、冬道は軽自動車では怖いので冬は車庫にほぼ入れっぱなしの状態である。

 

とはいえ軽自動車の圧倒的な経済性はデメリットを引き算してもやはり選択する理由になると思う。

 

 

軽自動車を選ぶなら軽自動車ランキングを参考にしてみて下さい。


損をしない軽自動車買い替え法


軽自動車に乗り換えれば維持費が安くなりますが、維持費にだけ目を奪われていると損をする可能性があります。
維持費だけではなく、購入価格、下取り価格などをしっかり検討して買い替えることが車の費用を節約するコツです!

もっとお得に軽自動車を買い替える方法とは?