軽自動車税が上がる?環境自動車税導入でどうなる?

軽自動車税が上がる?環境自動車税導入でどうなる?

軽自動車は、維持費が安いことで購入される人も多くいます。

 

年額で払う税金が7200円になっていますが、普通車は、コンパクトカーの1000ccエンジンで29500円、1000cc以上1500ccまでのエンジンで34500円になっていますので、年額で払う額にも差額はかなりあります。

 

近年軽自動車と自動車本体価格の差がなくなっていることや、ターボがついている軽自動車では、コンパクトカーよりもかなり高いモデルも出てきているために、税制を改正して軽自動車税を見直す動きが出てきています

 

税金がどれだけ上がるのかはまだ決まっているわけではありませんが、検討されていますので将来的に上がる可能性は否定出来ません。

 

良く聞かれる案としては、今の倍額に相当する14400円から4倍程度の28800円になるのではないかと言われています

 

ただし決定事項ではありませんので、今後国会などで審議されて軽自動車の税金が上がる可能性があります。

 

もう一つには軽自動車保有台数がかなり多くなってきていることもあります。

 

景気の悪化もありますが、軽自動車が良くなってきたことも挙げられます。

 

近年は、内装も豪華になり普通自動車と遜色ない性能を発揮しています。

 

また本来は、普通自動車が高すぎる為に導入された軽自動車規格になりますので、検討されているのも仕方ないとも言えます。

 

環境自動車税も関係しているのですが、実際にコンパクトカーよりも軽自動車の方がCO2排出量が多い為に、普通自動車よりも税金が多くても良いのではないか?と検討されています。

 

損をしない軽自動車買い替え法


軽自動車に乗り換えれば維持費が安くなりますが、維持費にだけ目を奪われていると損をする可能性があります。
維持費だけではなく、購入価格、下取り価格などをしっかり検討して買い替えることが車の費用を節約するコツです!

もっとお得に軽自動車を買い替える方法とは?