軽自動車と普通車の違い。維持費や乗り心地、耐久性は?

軽自動車と普通車の違い。維持費や乗り心地、耐久性は?

軽自動車と普通自動車の違いは、維持費がかなり違います。

 

年間の税金は、軽自動車が7200円になりますが、
普通自動車は、1000cc以下で29500円
1500cc以下で34500円になっています。

 

保険も軽自動車と普通自動車では違いますので、
保健の面からも安いです。
普通自動車は保険料率が車種によって異なりますが、
軽自動車よりは高めの設定が多いと聞いています。

 

タイヤも、軽自動車の一般的なサイズに比べると
普通自動車はタイヤ代も高いです。

 

エンジンオイルは定期的な交換として維持費に含みますが、
使う量が軽自動車は少ない為に料金も安いです。

 

 

ガソリン代は、軽自動車のほうが高くなるケースも
あります。

 

一般的には軽自動車の方が経済性が良いと思われがちですが、
背の高いワゴンタイプの軽自動車や、近年のコンパクトカーの
方が燃費が良い場合が多いです。
高速道路も同じですが、軽自動車は坂道などで多くのガソリンを
消費していきますので、アップダウンの激しい道などでは、
コンパクトカーやハイブリット車の方が経済的になるケースも
あります。

 

 

乗り心地は、短距離の街乗り程度であれば、普通自動車と
遜色はありませんが、高速道路などの長距離が多い場合は、
軽自動車の方が疲れやすいです。
長距離はエンジンの排気量の大きい車の方が、エンジン回転数が
抑えられるために振動が低減される関係もあります。

 

耐久性は、どの車も同じように年数が経てば壊れていきますので、
軽自動車だから耐久性がないという訳ではありません。

損をしない軽自動車買い替え法


軽自動車に乗り換えれば維持費が安くなりますが、維持費にだけ目を奪われていると損をする可能性があります。
維持費だけではなく、購入価格、下取り価格などをしっかり検討して買い替えることが車の費用を節約するコツです!

もっとお得に軽自動車を買い替える方法とは?