軽自動車の5人乗りは違反!車両寸法や排気量の制限とは?

軽自動車の5人乗りは違反!車両寸法や排気量の制限とは?

軽自動車の定員は4人になっています。

 

普通自動車の多くは5人乗りですが、軽自動車は4人乗りです。
普通自動車と同じ感覚で5人のって走行することは
違法になりますので、巡回中の警察官に走行を止められることに
なってしまいます。

 

 

軽自動車や寸法が決められていますので、それ以上の大きさに
するとエンジンが軽自動車規格でも普通自動車扱いになります。
エンジンを改造して排気量を大きくすると、同じく普通自動車
扱いになりますので注意が必要です。

 

軽自動車は、現在の規格では、長さが3.40メートル以下、
幅が1.48メートル以下、高さが2メートル以下になっています。
この規格を超えて大きくしてしまうと普通自動車扱いになります。
エンジンは660cc以下に制限されています。

 

エンジン排気量が決められている為にエンジン出力を
上げたい場合には、ターボをつけて向上させる手段を取っています。

 

2000年まで軽自動車は、高速道路の最高速度が80キロに
制限されていましたが、2000年10月1日の制限緩和によって
100キロに変更になっています。

 

 

 

軽自動車規格は、昔からこの規格ではなく、昭和24年当時は、
長さ2.8メートル、幅1メートル、高さ2メートルの規格で
エンジンは150ccで、出力は1.2Kwとという規格から、
徐々に拡大されています。

 

 

次代と共に少しづつ大きくなっていますが、普通自動車のコンパクト
サイズよりも小さくなっています。
今後は大きくなる可能性もありますが、超小型車規格の販売が
検討されていますので、軽自動車の優位性が薄れることも
ありそうです。

損をしない軽自動車買い替え法


軽自動車に乗り換えれば維持費が安くなりますが、維持費にだけ目を奪われていると損をする可能性があります。
維持費だけではなく、購入価格、下取り価格などをしっかり検討して買い替えることが車の費用を節約するコツです!

もっとお得に軽自動車を買い替える方法とは?