主役は軽自動車

主役は軽自動車

長年乗った車の買い替え時期になり、コンパクトな乗用車か、それとも各自動車メーカーで熾烈な争いを繰り広げている軽自動車を購入するか迷いに迷っているところです。

 

最近の自動車の傾向は、やはり低燃費で安全性の高い車だそうです。
なかでも今時の軽自動車は、普通車にも負けずとも劣らない、グレードによっては普通車を上回る豪華な装備になっています。

 

豪華になっただけに、軽自動車の本体価格も総支払額も普通車と変わらないようです。

 

となると、軽自動車と普通車をどこで比較検討するかというと、購入後の維持費ということになります。
軽自動車の維持費

 

3年間で自動車税なら約8万円、その他の維持費で約30万円ほどの差があると言われています。

 

軽自動車に普通車並みの代金を支払うのか、それとも普通車並みでそれでいて安全で維持費のかからない軽自動車なら、普通車並みの代金を支払っても損はしない、と考えるか、とても難しいところです。

 

また最近の車はオートマチック車の方が低燃費で、エコカー減税でも優遇されるようです。
一昔前ならマニュアル車が低燃費でしたが、実は製造の段階からオートマチック専用の部品が作られているそうです。

 

なかにはオートマチック車よりも断然マニュアル車がいいという人もいます。
ですが環境保全やエコが主流になってきた世の中、マニュアル車も車種が限られてきました。

 

好きな車優先というより、環境や燃費優先に車を選ばなければいけない時代になったのでしょうか。

 

ある程度、時代の流れには乗らなければなりませんがまだまだ、軽自動車かコンパクトカーか迷うところです。

 

 

最近の人気者は軽自動車ランキングを参考にしてください。


損をしない軽自動車買い替え法


軽自動車に乗り換えれば維持費が安くなりますが、維持費にだけ目を奪われていると損をする可能性があります。
維持費だけではなく、購入価格、下取り価格などをしっかり検討して買い替えることが車の費用を節約するコツです!

もっとお得に軽自動車を買い替える方法とは?